トップ 活動報告 議会報告 自己紹介 光子の部屋 後援会だより リンク

 
      
2013年 2〜3月議会

第4回定例会 ご報告

新年度の予算決定
 
2月20日から3月26日まで大牟田市議会第4回定例会が開催されました。 今議会は、2月に24年度補正予算(決算に伴う補正)、3月になって、国の異例の年度末緊急経済対策に伴う追加補正予算(執行は次年度以降でも可というもの)、そして新年度予算の提案が行われ、14人の議員が質疑・質問を行いました。その後、議員全員による予算特別委員会で、部局ごとの予算について審査を行い、最終的には賛成多数で可決しました。

 追加補正(大牟田市は27億円)の殆どは、本市では、新年度予算に上げられていた公立学校の耐震化、公共下水道建設などが前倒しで計上されています。一般財源(市費)が少なくてすみ財政難の地方にとっては大変ありがたい財源とも言えますが、総額13.1兆円(うち公共事業4.7兆円)もの歳出は、「さらに大きくふくらんだ後世への付け」ということもできます。

 アベノミクスとして、報道によると...景気回復への期待が広がっていますが、非正規雇用、少子化等の諸課題を根本的に見直すでもなく、年金や生活保護費、公務員給与の引き下げなどを行っていって、これで本当に経済の再生や被災地の復興、生活の向上、暮らしの安心に繋がるのかと疑問に思います。

追加補正予算の主な事業(約27億円)
 ○動物園整備事業費  
   1億円(0円)      ※( )は一般財源
 ○道路維持、新設改良事業費
   4300万円(5万円)
 ○都市下水路事業費
   1億2000万円(0円)
 ○学校耐震化、太陽光発電設置、空調更新
   8億3010万円(25万4千円)
 ○学校建設事業(旧天道小体育館整備)
   1億9360万円(1860万円)
 ○公共下水道建設事業費
   6億5000万円(0円)      など

新年度予算の事業から(総額 543億3千万円)
 ○快適住(ス)マイル改修事業費
   1010万円(1010万円)
   ※住宅改修費の一割補助、最高10万円まで
 ○中心市街地にぎわい交流施設整備事業費 
   1億8492万円(1万2千円)
 ○住宅用太陽光発電設備設置事業費補助
   1200万円(1200万円)
   ※1KWに3万補助、最高12万円まで
 ○中学校給食共同調理場建設事業費
   4億5千7万1千円(2397万1千円)
 ○学童保育所、未整備校区送迎費
   200万円(200万円)
   ※学童未設置の上内、上官、玉川、駛馬南を
    他の学童設置校区まで送迎するもの
 ○こども医療費(旧乳幼児医療費)拡充
   2億4千万円(1億1806万円)
   ※3歳まで通院・入院無料、就学前は補助
    新年度より入院費のみ6年生まで拡大
 ○特別支援教育支援員活用事業費拡充
    2483万5千円(2471万7千円)
 ○少人数編成・少人数授業推進事業費拡充
    2200万円(2200万円) 
 ○スクールソーシャルワーカー配置拡充
    384万円(384万円)


予算特別委員会での平山光子の主な意見・要望
○ 子ども医療費支援のさらなる拡充を
○ 学童保育所未設置校区については送迎は評価するが、全校区設置の検討を (保健福祉部へ)

○ 安全面、学習面からも公立小・中学校の施設・設備の補修・改善のための予算確保を 
  
※これは議会の一致した意見要望になりました
○ 普通教室の空調設備の、早期の設置を
 (教育委員会へ)

○ 再生可能エネルギーの推進に向け、更なる取り組みの検討を(環境部へ)
 
○ 改定される男女共同参画第2次プランに沿った実効ある事業の推進を (市民部へ)
  


   ※ 後援会だより 2013 春号もご参照ください
 
                  大牟田市議会

市議会のインターネット中継

  
大牟田市→市議会→インターネット議会中継で検索できます。 
                                

                                 

平山光子連絡事務所  大牟田市原山町1-5  電話.(0944)53-1661 FAX(0944)53-1695