トップ 活動報告 議会報告 自己紹介 光子の部屋 後援会だより リンク

 
    
原発問題のページ
              
 福島第一原発事故後、私達はそれまで原子力発電についてしっかり向き合ってこなかったことに気づきました。地震大国にいつの間にか54基もの原発が造られた原発大国であること、処分方法がなくたまり続ける核のゴミ、原発がなくても電気は足りていること、これまでも深刻な事故が起こっていること・・・・、それらはきちんと報じられることはなく、私達は原発の安全神話を信じ込まされてきました。   資料
 多くの人の故郷、暮らし、仕事、命まで奪った福島第一原発事故の収束は全く見えず、次々に深刻な状況が明らかになっています。
 今、多くの国民は原発に依存しないエネルギー政策への転換を願っています。そんな脱原発を願う国民の声などなかったように自民党政権は原発の再稼働と原発輸出を行おうとしています。
 福島第一原発の事故は改めて核と人類は共存できないことを示しています。私は、脱原発社会の実現を目指して粘り強く取り組んでいきます。
                 
 
 ○ 9.26  原子力の専門家  
小出裕章講演会に参加

 ○ 6.8  原発事故から学ぶ実行委員会  第7回原発連続講座   レポート

 ○ 2014.4.18〜20  
          原発事故から3年福島へ「まなびの旅」      レポート  画像 

 ○ 10.19  玄海原発と川内原発立地市からの報告         連続講座

 ○ 8.9  原水禁大会
 福島と広島・長崎がつながって  核のない平和な未来を

 ○ 5.12 自治体議員政策セミナー  再び坂上さんの話を聞きました

 ○ 2013.3.11 原発事故から2年   脱原発を誓う大牟田市民の集い
                           「原発いらない」の灯は今も・・・

 ○ ドイツ映画「見えない雲」   原発事故の恐怖・悲劇が伝わります

 ○ 「原発事故 子ども・被災者支援法」 
福岡フォーラムで学びました。 詳細 

 ○ 11月30日(金) 午後6時20分より  連続講座「原発と私たちのくらし」
         場所  文化会館小ホール                 詳細
         講師  藤田祐孝先生(長ア県立大学シーボルト校講師)            
              2011年3月11日に炉心溶融の可能性を指摘された
物理学者  
   
 ○ 福島の子どもたちを支援する仕組みが広がっています。    詳細

 ○ 「元原発作業員の証言」 たくさんの方にお出でいただきました。  詳細

 ○ 9月1日 原発問題学習会
「元原発作業員の証言」 
    福島から、元原発作業員坂上義博さんを招いて講演会を行います。  詳細

 
○ 震災廃棄物を再生!「森の防潮堤に」    宮脇 昭先生の研究
   
大槌町、岩沼市などで、しかし実証実験として!   Facebookからシェア
    
facebook(7月23日)で紹介しています。 
   
 ○ 原発依存度に 国民意見を
   7月2日〜8月12日
   3つ選択肢 @ゼロシナリオ A 15 シナリオ B 20 〜25 シナリオ
   内閣府は「エネルギー・環境 に関する選択肢 」に対する国民の意見を募集しています。
     
締めきりは8月12日午後6時です

   政府が示す3つの選択肢
   @ゼロシナリオは、2030年の原発比率を0パーセント、新規増設を行わないということ
   A15シナリオは、原発比率15パーセント、
    40年で、既存の原発を廃炉にすることを前提にしたもの(ただし、稼働率80%として)
      稼働率が70パーセントなら2基の原発新設が必要(現在の稼働率はもっと低い)
      つまり、脱原発の考えではありません。
   B20〜25シナリオは、東日本大震災前(2010年)は全電源の25%を占めていた原発比率を
    さらに推進、つまり原発推進、新規増設する考えです。 
    
     一人一人の声を届けましょう。   意見の参考に

 
○ マスコミは大きく報道しませんが、原発反対の声は広がっています 6月29日
          
大飯原発再稼働に抗議、総理官邸周辺に20万人が・・

 ○ 骨抜きの「原子力規制委員会設置法案」成立  6月20日
         
原発60年使用可能に(朝日放送 モーニングバードより)
         
原子力の憲法「原子力基本法」をこっそり変更

 ○ さようなら原発1000万人署名に賛同し 
署名した国会議員はたった80人   

 ○ 関西電力と国から脅され「夏の再稼働容認」した 滋賀県嘉田知事   
  
 ○ 2012.2.1〜3   原発事故の福島へ  調査団に参加 




                                        


平山光子連絡事務所  大牟田市原山町1-5  電話.(0944)53-1661 FAX(0944)53-1695