11月21日
原発事故 子ども・被災者支援法 
福岡フォーラム

講演される河ア健一郎弁護士
主催者挨拶  宇野朗子さん
東京、福島から避難してこられた森井さん、木村さんが当時の
様子や現状報告
トップ 活動報告 議会報告 自己紹介 光子の部屋 後援会だより リンク
福島や関東から九州に避難しておられる方が小さい子ども連れでたくさん参加されていました。子どもを守るために離婚までして関東圏から避難してこられた森井さんや、家族で避難され自身も苦しんでおられるのに福島を支援しておられる木村さん、他にもきつい思いをして九州までこられている避難者の皆さんのお話を直接聞いて胸が痛みました。熊本に避難されている方が、被害者でもあるけど加害者でもあると発言されたこと、つらい思いで聞きましたが、改めてこの取り返しのつかない原発事故が起こるまで向き合ってこなかった私たち全ての国民が加害者でもあると思いました。
理念法であるこの法律が実効あるものになり、1月までに意見が届けられ策定される基本方針に被災された方々の思いが反映された本当に必要な支援が届く仕組みになるよう声を挙げていかなければなりません。